Top > CPU > FPS用PCには処理の早いCore系のCPUがオススメ!

FPS用PCには処理の早いCore系のCPUがオススメ!

CPUはメモリとグラフィックボードとのバランスが重要となってくるので、CPUだけが高性能でもFPSゲームを行う上での動作が飛躍的に高くなるというわけではないです。

しかし、CPUの性能が動作必須環境に比べて不足していると、グラフィックボードの性能が十分に発揮出来なくなってしまいます。

Windows Vista、Windows7に対応している最近のFPSでは、Core系のCPUが高い性能を発揮することができます。

その理由は2つあり、1つはターボブースト機能がついているので、アプリケーション等の起動のスピードが非常に早いことがあげられます。

2つめは、複数のソフトウェアを同時に起動しても動作が安定して行えるという点があげられ、動画撮影をしながらFPSをプレイ出来るという利点もあります。