トップページ > 周辺機器の選び方 >  キーボード

キーボード

FPS用のキーボードは、「キー」というよりも「ボタン」と考えて選ぶようにしましょう。

FPS用キーボードでは、それぞれのFPSゲームに対応したキーボードも販売されているので、遊びたいFPSゲームに合わせたキーボードを購入しましょう。

FPSに限らず移動に特徴のあるMMORPGをプレイする場合も、初心者のユーザーでもすんなりプレイすることが可能です。

→おススメのFPS用キーボード

FPS用キーボードの利点

FPS用キーボードは、FPSをプレイする上で有効なボタンの配置になっており、移動に使うボタンや武器の切替に使うボタンも分かり易く配置されているのが特徴です。

バトルフィールドやコールオブデューティー、ヘイローのような戦争系のFPSになってくると「右斜前にしゃがみ移動しながら弾をリロードする」という複雑な操作が必要になる場面が出てきます。

そういった場面では、同時認識キー数が多いゲーム用キーボードを使うと簡単に複雑な操作が出来るので、他プレイヤーと比べて圧倒的な優位に立つ事が出来ます!

このページのトップへ↑

キータッチは重要なポイント!

キータッチとは、その名の通りキーを入力した時の感触のことでで、キーを入力する時に必要な重さであるキー荷重と、キーを入力した時の感覚である打鍵感を総合的に評価したのがキータッチです。

キーによってキー荷重が異なっているキーボードも存在しますが、FPS用キーボードは人間工学に基づいて作られているので、慣れれば通常のキーボードよりも少ない負担で精密な入力がおこなえます。

打鍵感は、キーを押込んでもクリック音のないリニアタイプや、明確なクリック音と共に、キーのスイッチがONになったという感触がわかるクリックタイプ等、様々な種類があります。

このページのトップへ↑

スイッチ形式にも気を配ろう!

キーボードのスイッチ形式によって、キーが押し込まれ内部の接点が基盤に触れたと認識される事でキー入力と判断される際に、基盤への伝達方法に違いが出てきます。

スイッチ形式によってキー入力した時の音、キーボードの入力時の反応が変わってくるのでゲーム用キーボードを選ぶ上では重要な要素です。

キーの中にラバードームというゴムを使っているメンブレンスイッチが一般的ですが、スイッチや中のスプリングが金属でできているメカニカルスイッチや、キーを押した時に発生する電気の強弱で判別をする静電容量(無接点)スイッチ等もあります。

このページのトップへ↑

FPS用キーボードはPS2接続が主流!

FPS用キーボードのPCとの接続方法は、マウスと同じくUSB接続とPS2接続に分かれます。

マウスでは既にUSB接続が主流ですが、FPS用キーボードはPS2接続の方が多いです。

最新のFPS用キーボードなどUSB接続専用のものがでてきていますが今のところはPS2接続とUSB接続には特に差がないので、自分のパソコンの空きポートと相談して接続方法を選べば問題ありません。

このページのトップへ↑